読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざしわらの家

日々思ったことを書き連ねる雑記ブログ。元ニート。

「kindle paperwhite」を買ってみた。スゲー!!

その他

電子書籍用に、kindleを購入しました!

今まで、本と言えば紙の手触りを確認しながら読むべき、と堅めに考えていたのですが、何か新しいものに触れてみたいという思いから、思い切って購入に踏み切りました。

とりあえず、ちきりんさんお勧めの「勝ち続ける意志力」(梅原大悟)を買って読んでみる。今日はkindleを使ってみた感想を書いてみます。

 

ぶっちゃけ、kindleすげー!ってなりました。nobitaはスマートフォンipad的なものも持っていないので、いろいろ比較しづらい面はありますが、率直な感想として良い商品だと思いました。せっかくなので、価格.comとかamazonのクチコミみたいに、感想を書いてみます。

 

 

<良いと思った点>

nobitaはkindleすげー!ってなった人なので、良いとこなら書けます。ただし、感動のために評価が普段の1.2倍くらいになってるかもしれないので、その点は御承知の上でお読みください。

 

①読みやすい

これは本を読む際の最重要項目の一つですよね。パソコンの画面みたいにばっちり明るいという訳でなく、あくまで自然に、明るすぎず暗すぎずという絶妙なバランスの明るさなんです。これがkindleが押してるバックライトなんちゃら、ってやつの効果なのかな?明るさのほかに、字の大きさなんかも調節できるし、これは老若男女を問わずに使用できます。

 

②安い

paperwhiteって7980円でしょ。この値段でこのクオリティは非常に高いと思うよ。kindle本は、結構値引きされてるのもあるし、青空文庫は無料でダウンロードできます。だからきっと、本をたくさん読む人であればあっという間に元を回収できるんじゃないかな。これくらいの値段だと、お試し的に買ってみても後悔しない。3G回線対応の方が5000円くらい高いみたいだけど、安い方にして正解。ぶっちゃけ、3Gとかいつ使うの?って感じ。

 

③持ちやすい・置いたまま読める

これはあんまりほかの人は指摘してない気がするけど、nobitaはすごく良いと思ったポイントです。文庫本なんかの場合、両手で持って読む必要があるけど、kindleの場合、片手はもちろん、その辺に置きながらでも読めます。よって両手はフリー。コーヒー飲みながら読書とか簡単にできます。書見台(寺子屋で使ってた本置く奴)とかあったら、超らくらくで読書できるんじゃない!?とか妄想を膨らませました。

 

<改善して欲しいと思う点>

ぶっちゃけあんまりないです。kindle本のラインナップを増やしてくれれば最高。一応、あえて言えば的に書いてみます。


①説明書欲しい

やっぱり、説明書は欲しい。慣れれば簡単なのかもしれないけど、今までスマホとかに慣れ親しんだ人以外だと、最初戸惑うよ。ほんの購入とかお金かかるわけだし、基本操作だけでも記載された説明書が欲しい。まぁ、内蔵されてるから全く説明がないわけではないのだけど……。

 

②もう少し軽くならないかな

約200gということで、重さで不便とは感じないと思います。ただ、もう少し軽くなるとより良いかな。片手で持って使うにはぎりぎりの重さって感じです。

 

③家電量販店で扱えよ 怒

これは、kindleが悪いわけではないんですが……、自分は最初ヤマダに行き、ヨドバシに行ったのですが、どちらでも売っていませんでした。家に帰ってからネットで調べてみると、amazonは競合店(?)だしkindle利益率低いというのが、置いていない理由だそうです。こういうことされると、企業イメージ悪くなると思わないのかなぁ?どっと疲れた。結局、amazon様でお買い上げ。

 

最後に、

やっぱkindleすごい!ってのが結論。なんか勢いでfireHDの方も買いたくなるくらい。ただ、他の方も言うとおり、用途を考えてからかうのは重要だと思います。fireHDは、約400gあるということですので、多分これで本を読むのはつらいと思います。読んでる途中、疲労で手が震えそう……。本を読みたいのであれば、paperwhiteをお勧めします。

いやー、こんなに便利なものがこんなに安く買えるなんて、すごい時代ですね。