読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざしわらの家

日々思ったことを書き連ねる雑記ブログ。元ニート。

レスリングの運命は如何に!?将来を悲観的に予測してみた

体育・スポーツ

こんにちは。

レスリングがオリンピックから除外されそうということで、大きな問題になってますね。まあ実際、オリンピックを東京に招致する際の顔の一人が吉田選手ですから、レスリングだけのダメージにとどまらないですしね(どうして伊調選手はあまり出てこないのだろう?)。

 

レスリングがオリンピックの正式競技から外れた場合、どうなっていくのか考えてみます。なんだか、かなり暗い将来予測になってしまいました。

 

まず、今なぜレスリングが日本で注目されているかというと、オリンピックでメダルを取れる種目だからですね。特に女子のレスリングが正式採用されてから注目度が大きく向上した気がします。

実際、坂本姉妹とか言って分かる人どれだけいますかね。旧姓坂本、現小原選手(ロンドンで金メダル獲得)は姉妹で超強かったんです。伊調姉妹と坂本姉妹は同じくらい有名といっても過言ではありませんでした。

ちょっと脱線しましたね。つまりは、オリンピックで勝てるからレスリングが注目されるのです。オリンピックから除外されるなんてことになったら、一般の人の興味は一気に薄れていくことでしょう。

 

これは、アテネで金メダルを取ったソフトボールチームの例を見ても明らかだと思います。オリンピック前は相当持ち上げられ、期待されましたし、実際に金メダルを獲得したら、もう大フィーバー。

しかし、その後の彼女たちの様子をどれだけの人が知っているでしょう?世界選手権でどの程度の成績を収めたか知っていますか?私は知りません。

しかも、オリンピックから除外されたということで、国から降りる強化費も相当減額されたという話です。というか殆ど強化費が出なくなったとか。

オリンピックの正式種目であるということは、とっても大事なんですね。

 

 

このことをレスリングに当てはめてみます。

 

まず、国からの強化費は期待できなくなります。日本の競技スポーツの目標として、オリンピックでのメダルや入賞が最上位に掲げられていると言えます。これは、スポーツ立国戦略(H22)を見ても分かります。なんだかんだ言ってやっぱオリンピック重視です。

 

加えて、強化指定種目みたいなのからも外れるでしょう。

日本でも幼少期からトップアスリートになって活躍するまで一貫教育を施し、エリート選手を育てようとする取り組みがあるらしいです。その種目の一つがレスリング。他には卓球とかフェンシングが挙げられますね。

まあ、そうなってしまったらレスリング選手の競技力は低下……まではいかないにしても、強化のための環境は今まで以上に厳しくなるでしょう。

 

あと、テレビ中継も減るはずです。

今でも頻繁にやっているわけではありませんが、確か世界選手権くらいになるとどっかで放送してたような気がします。浜口親子がお茶の間に現れることもなくなるでしょう。そうなるとレスリングの知名度は低下し、競技人口も徐々に減り始めます。競技人口の低下により、才能を持った選手が現れにくくなることも考えられます。

 

こうして負のスパイラルに陥ります。

人気の低下したレスリングをもう一度オリンピック種目に入れたいと思う人は、いなくなっていくことでしょう。

メジャー化を狙うスポーツはたくさんあります。そんな中で、もう一度レスリングが日の目を見る可能性は非常に低くなっていくことが予想されます。

 

僕はレスリングを応援しています。小さなころから、周りにレスリングしてる子がいました。そういう環境で育ったので、結構愛着というか親しみというか、そんなものを持ってたりします。

今日はかなり悲観的な予想になってしまいましたが、だからこそレスリングには頑張ってほしいです。

 

ここが正念場です。

負けないように死力を尽くしてほしいと思います。