読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざしわらの家

日々思ったことを書き連ねる雑記ブログ。元ニート。

五輪開催がスポーツ庁設立構想を現実にしようとしてる!

社会 体育・スポーツ

TOKYOオリンピックの開催が決まり、街では歓声があがり、株価は上昇し、アスリートは20年まで現役続行したいとか言ってます。明るい雰囲気ってこういうのを言うんですね。

 

 

さて、東京五輪開催が決まり、スポーツ庁設立の機運が高まっています。

スポーツ庁の構想自体は結構前からあるもので、それほど新しいものではありません。体育・スポーツ業界では、長らくスポーツ行政を一元的に管理するスポーツ庁設立の必要性を訴えてきました。現行の行政制度ではスポーツ振興をしにくいからです。

 

例えばよく問題として指摘されるものとしては、オリンピックは文部科学省パラリンピック厚生労働省という縦割りの問題です。また、スポーツ産業については経済産業省、スポーツツーリングについては国土交通省といった具合に、スポーツは各官庁がそれぞれ「ぽい」ものを所管しているという状況です。まあ、これだとスポーツを全体として振興し、発展させていくのは難しいという訴えが来るのも分かります。

じゃあさっさとスポーツ庁をつくっちゃえば良いじゃん、とも思えるのですが、やはりそこには問題もありました。

 

おそらく、最も大きな問題は予算です。

スポーツは文化だとか、楽しいとか、健康に良いとか、いろいろと効能がうたわれていますが、生命の維持に不可欠とまでは言えません。これだけ日本の財政がひっ迫している中で、スポーツに多額の予算をつぎ込むことは難しいでしょう。

 

現在は各省の予算からスポーツにも予算が出ていますが、スポーツ庁単独で今以上に予算を獲得できるかと問われると、極めて難しいだろうというのが大方の見方だったと思います。

結局予算がなければ大きな施策を打つことは難しいですから、スポーツ庁という名前だけができて、結局スポーツ振興自体は後退してしまうのではないかと思われていました。

 

 

それがここにきて、五輪開催によって一気に前進しようとしています。五輪開催があるので、スポーツ庁の予算は潤沢に用意されるでしょう。形としては、文部科学省の一部、なんか文化庁的な位置づけになるんでしょうかね。しかも既に、オリンピックとパラリンピックの両方を所掌できるようにするよう検討を指示したみたいじゃないですか!

 

これまで課題が多くて設立は困難ではないかと見られてきたスポーツ庁ですが、その気になったら一気につくれそうではありませんか!こんなに現実味が帯びてくると、なぜ今まで進めることができなかったのだろうと、かえって不思議な思いにさえなります。

 

 

東京五輪の開催には、いまだに反対意見があります。反対意見に全く理がないかというとそんなことはありません。もっともだと思うことだってあります。

まあ確かに五輪開催に問題はあるでしょうし、これから新たに出てくるかもしれません。大変なこともあるでしょう。

 

でも、そういったデメリットを踏まえても、それ以上に五輪の力ってすごいと思えます。スポーツ庁設立に代表されるように、今まで止まっていたものを、「えい!やー!」と動かすことができることなんて、そうそうできるものではありません。

五輪開催は、今までやりたいと思っていたこと、やった方が良いと思っていたのになかなかできなかったことを具体化するにあたって、よいきっかけになりそうです!本当にすごい力。

 

んー、五輪ってすごい!!