読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざしわらの家

日々思ったことを書き連ねる雑記ブログ。元ニート。

恋人と過ごすだけがクリスマスじゃない!

皆さん、クリスマスはどのように過ごされていますか?

明日はクリスマスイヴ。若人(の中でもリア充!)は恋人と、結婚していれば奥さんと、子供がいれば家族みんなで過ごすのでしょう。

そう、クリスマスといえば、誰かと一緒にしっとり過ごすというのが定番です。素敵ですよね。でも、そうでない過ごし方も、悪くはないですよ。

 

 

小学生の頃のことです。

担任の先生の公開授業だかなんだかで、受け持たれた僕のクラスの児童は、クリスマスイヴの日に、創作ダンスを踊らなければならなければならなくなりました。

現在ではなかなか考えにくいことですが、当時は先生の一存で放課後まで残され、おそらく12月に入ってからは毎日のように居残り練習させられました。それがもう嫌で嫌で。

 

もともとは音楽の授業が嫌いだったのですが、そこからなぜか音楽的なものすべてを嫌いになってしまった僕は、ダンスなんて踊りたくありませんでした。リズム感がなかったし、人前で踊るだなんて恥ずかしくて。しかも先生は気合が入ってるから、イメージと違うと怒りますし。

結構スパルタ的でした。別に僕たちがいい加減にやってたわけじゃないんですよ!

 

そして公開授業当日。

クラスのみんなは口々に不満。なんでよりによってクリスマスの日に、人前でダンスなんて踊らなけりゃならんのだ……、そんなことを言い合ってたと記憶しています。

本番では、スパルタ練習の甲斐あって練習通りの出来。先生もご満悦でした。

 

 

小学校を卒業してから既に10年以上。

あんなに嫌がっていたダンスイベントが、今では何故か強く心に残っています。楽しかったとは言い難いし、イベントで成功したからといって、何があったわけでもありません。人間、過去の記憶を美化しがちですが、それだけでもないような気がしています。

 

僕は、なんとなく幸せなことよりも、程よく辛いことのほうが記憶に残りやすいと思います(辛すぎるのはダメ。てか記憶に残したくない。)。幸せなときに比べて、辛いときの方がいろいろなことを考えるからでしょうか。

幸せは浸れば良いけど、辛さからは逃れようと頑張ります。頑張る過程で様々なことを考えるので、それが記憶に残るのかもしれません。

そして、程よい辛さなので、消し去りたいような記憶にはなりません。むしろ「よく頑張ったなー、俺。」的に回顧できる記憶となっていきます。

 

 

最近は友人とゆったり過ごすことが多いクリスマス(彼女……汗)。それはそれで良いものですが、またあんなクリスマスを過ごしてみたいものです。

 

 

※HBPJへの参加エントリです。

※ちなみに、創作ダンスで使用した曲はワムの「ラストクリスマス」でした。